ブルフラットの意外なマッチザベイト?!

こんにちは、デザイナーのイノウエです

3月中頃~4月上旬にかけて自身の釣りの軸だった

DEPS/ブルフラット 4.8インチ

数年前から全国でスゴイ釣果が出ている大ヒットルアーの一つ

昨年は他ルアーの釣りをしてみたくて、あまり使わないようにしていましたが

今年は本気で使用頻度を上げてます

3月中旬の釣りからブルフラット4.8インチが釣れる釣れる

スイムジグのマツラバ3/8オンスとの組み合わせ

ウエイテッドリグ1.8gとの組み合わせ

こいつもウエイテッドリグでの組み合わせでした

このバスをキャッチした際に意外な事実が判明した!

最初はギルを意識しているからブルフラなんだろう??

くらいに思っていたのですが・・・・

時期的にまだギルって浅い場所にあまり見かけない

自身がルアーを引いてくるコースは沖に向かって斜めにコース取りをして

浅い場所にルアーを持ってくる感じでいつも食わせている

ルアーを引いてくるレンジは底よりほんの少しだけ上をゆっくり引く意識をしていた

ベストな引き感は1キャスト中に数回底にルアーを触れさせる事!

別に「何か」を意識していたわけではない

もちろんギルを意識していたわけでもない

ただ釣れるからそのレンジをゆっくり引いていただけでした

釣れる「何か」に気づいた時にちょっと意外なマッチザベイトに気づく

それはこのバスが釣りあげた際に吐き出したベイトだった

それは、約8㎝ほどの大きなドンコ(ゴリ系)だった

ただ好きで使っていたラメ系のグリーンパンプキンカラーもゴリに不思議に見えてきた

意外なマッチザベイトに気づいてからは

釣りに自信が出てくると釣果も上がるのが釣り人ですよね

スイムジグやウエイテッドリグよりも、

ライトテキサスやノーシンカーの方がアクションは良いように感じるが

意外なマッチザベイトが成立するときには

ブルフラットのぴろぴろ動くテールのみでバスを魅了しているように感じた

もちろんフラットな形状のワームがブルーギルを捕食しているバスに対して

有効だと思うし、実感しているのですが

岩や底を這うゴリ系ベイトに対しても今後は有効かもと思っています

意外なマッチザベイト、信じるか信じないかは

あなた次第です(笑)