リバースクロー使ってみた

こんにちは、デザイナーのイノウエです

今回はガッツリ釣りネタのお話

DEPS新作の「リバースクロー」を使ってみたって話

デプス社から今期リリースされた新作ワームは高比重のバックスライド系だ

自分は詳しくないのですが、かなり長期間プロスタッフによるテストが行われていたようだ

さて、このワームを初めて投げてみたのは春の河川

季節の進行を意識して下流域の流れが当たらないエリアを選択

足元に地形のくぼみや岩が点在している場所にリバースクローをいれてみた

リグはノーシンカーのバックスライドセッティング

丁寧に足元や流れにのせるように岩を転がしていると~ッ

まるのみでした(笑)

約2時間ほどの釣行でしたが、使用した感じは

正直バックスライドの性能はいまいち・・・・うん

テールアクションは・・・・いまいち・・・・うん

ただ良い所はリップラップなどをノーシンカーで探るのはとてもイイッ!!

キャスト後に底まで落としてからズルズル底を引くのではなく、

跳ね上げるようにワームをアクションして着底を繰り返すだけの単純動作の繰り返しで

岩陰に入ったり出たり絶妙な狭いバックスライド幅で魚にアピールしてくれる

テールはアクションとしてではなく、岩から離れるのを防ぐブレーキとして考えるとイイ感じでした

バックスライドでセットして使用した際に

糸ヨレが気になったのでスイベルの使用が必須かなと思いました

もちろんバックスライドとしても使えそうなので

今後使い続けていくうちに感想は変わるかもしれないけど

こんな感じでしたね