スカルフックキーパーについて②

こんにちは。デザイナーのイノウエです

大変お待たせしているSKULLHOOKKEEPER。
ロッドを装飾するアクセサリーとしてリリースしていたフックキーパー。
バス釣りが大好きな私としては、
一度販売を中断した限り良いモノを世に出したいと思いまして
日々思考錯誤しております。

ゴムリングについて以前少し書きましたが
今回は現時点でのスカルの状態を御紹介です。

試行錯誤している部分はそれは、

「ゴムリングを掛ける骨のパーツ」

この部分にごくまれに釣り糸が絡まります。

ロッドに本来は無いモノが取付られるので
起こりうるトラブルだと思います。

これを無くすことが出来ないのか??
それもテスト項目の一つとして取り組んできました。

現時点での結論は、それは不可能。

ロッドに後付け出来るフックキーパーである以上、
起こりうるトラブルであると考えています。
トラブルが起きやすい釣りの動作は糸フケが出るアクション!
ベイトリールならバックラッシュや、ジグ・テキサスを落としこむ際に少し手でラインを出す動作。
フットボールをバンプさせる時などです。
スピニングなら高速でルアーを回収した際などだと思います。
バス釣りを普通にやっていると皆さんが行っている動作。
この動作をしないように釣りをしていただくようにお願いも出来ません・・・・

なら別の考え方で、そのトラブルを最小限に抑えることはできるのではないか??
今はこちらの発想で研究・製作中です。

トラブルを回避できるように今日も骨のパーツを微調整しています。