釣れるね!DEPS/カバースキャット

こんにちは、デザイナーのイノウエです

緊急事態宣言前の釣りになりますが、

春の倉敷川で炸裂した動画をYOUTUBEにアップしました

よろしければ御覧下さいね

是非、高評価!チャンネル登録していただけると

今後の励みになります

このブログでは、動画内では紹介しきれなかった部分を

書いてみます

DEPS/カバースキャット

この動画の釣りから、ワームフックを

がまかつ/エリートツアラー ワーム34R サイズ6/0番をセットしていました

以前まではRYUGI/ザ・スタンダード サイズ5/0番を組み合わせていました

名前の通りスタンダードな形状のフックから

太軸のナローギャップのフックへの変更から受けた印象は

「バスの口の掛かりどころがとてもイイッ!!」

動画内を針の掛かりどころを注目してみて欲しいのですが

バスの口内の外側深く刺さっています

すっぽ抜けが少なく・バラシの心配が少ないファイトができます

エリートツアラーのフックのクランク部は

結び目と針先の方向が直線的に作られておりフッキングパワーのロスが少なく伝わる形状で

実際にフッキングした際にロッドに重みがずっしりときます

動画内で釣りあげたグッドサイズのバス

試作品のバスフックキーパーのテストも行っていたのですが

テストを忘れて途中から釣りに夢中になってしまいました(笑)

セッティングで釣りはこんなに変わるんだなぁと思い、

自身の作るモノもしっかりした仕上がりであれば

使って頂いた方が満足して頂けるはずと

気合が入ったテストでもありました