GOPRO HERO8は釣り動画撮影に使えるのか?!

こんにちは、デザイナーのイノウエです

久々の更新です

新型コロナウイルスの影響により、皆様もバス釣りの自粛や

様々な方面からのストレスが生じているかと思います

今回は、今年から導入している『GOPRO HERO8』

釣り動画撮影に使えるのかを自分なりに書いてみたいと思います!

●GOPROのカメラとしての使いやすさ

撮影はGOPRO本体上部にあるボタンを押すだけで撮影がスタートします

スマートフォンで動画を撮影する場合よりも、

簡単で少ない動作で撮影ができるので

初めてのGOPRO撮影でも全く問題なく撮影がスタートできました

●GOPROの撮影可能時間

皆さんは1日何時間ほど釣りをされますか??

朝~夕方まで釣りをしてしまうのがバス釣りファンではないでしょうか(^^)

GOPRO本体に付属している純正バッテリーで撮影した場合は

連続約1時間ほど撮影ができます

※撮影の画像サイズやコマ数・画像のクオリティ・手ブレ補正効果などで撮影時間は変わります

※2 ちなみに自分は、サイズ1080×コマ数120・画像広角で撮影しています
   手ブレ補正が強いGOPRO8のハイパースムースⅡもONの状態で撮影しています

GOPROを使って1日釣りを撮影する際には、予備のバッテリーや予備のmicroSDも必要となります

●GOPROで釣りを撮影した際の画像ブレは??

様々なキャストやポイント移動が多いバス釣りにおいて画像のブレ補正機能は必需だと思います

↑よければ、GOPRO撮影したバス釣り動画です!御覧ください

GOPRO8の強力なブレ補正機能で安定した動画撮影が可能です

ちなみにGOPROアクセサリー/チェストハーネスを使って

手元が写るように撮影しています

RODJEWELRYスカルフックキーパーもバッチリ写るので満足しています

●GOPROを使ってバス釣りを撮影する際におすすめしたいモノ

RYUGIから出ている「ワームストッカー」

防滴素材・防水ファスナーでGOPRO本体や予備バッテリーを

釣り場に持って行くのにピッタリです!

様々なサイズもあるので釣りバックに合うサイズを選べるのもイイところです

◎まとめ

個人的にはGOPRO8はバス釣りには問題なく撮影可能です

ただ、画像ブレ補正をしっかり使った撮影ではバッテリー消耗が早く

予備バッテリーがないとヒットシーンが撮影出来なかった・・・なんてこともッ

アクセサリーがないと楽しめない撮影方法もあるので

少し導入には予算が必要となるので

釣具を購入するか?!釣り人は迷うかなと思いますね

自宅に帰ってからも楽しめるので一度の釣行で、二度楽しめる道具ですよ

気になる方は是非導入して、バス釣りを楽しんで欲しいですね